恋愛

エディプスコンプレックスが恋愛パターンを決めている

更新日:

私達は当たり前に恋愛をします

私達の恋愛パターンは、
既にエディプスコンプレックスのような体験をしていると言いますが、
それはどのようなことなのでしょうか。

エディプスコンプレックスとは

「お前は我が子に殺される……」と神様からお告げを受けたテーベ国のライオス国王は、
妻イオカステが生んだ男の子を殺害してしまえと、家来に命令をします。
しかし実際に家来は子供を殺すことはできませんでした。
子供は、ライオス国王の目の届かない、遠くの国に置き去りにするに留まったのです。

そして、その後子供は羊飼いに拾われ、その国の王様の子供として育てられて行くことになります。
その子供に名付けられたのがエディプスです。
王様の手によって、エディプスはたいそう可愛がられたと言われています。

やがてエディプスは、すくすく成長して自分自身が捨てられた事実を知ることになります。
そして、エディプスは神様に自分の運命を聞くことになります。

神様はこう答えます。

エディプスはまず父親を殺害して、母親と結婚する運命にあると。

エディプスは、神様からそのようなお告げを聞いて、
かなりショックを受けて放浪の旅に出ることになります。

実際に、エディプスは、放浪の最中にある男を殺害してしまうことになりますが、
エディプスは、知らないながらもついつい実の父親ライオスを殺してしまったのです。

これが、神様のお告げにある運命というものなのでしょうか。
運命はやっぱり避けることができないものであるかもしれません。

そしてエディプスは旅を続け、王の亡き後、怪物スフィンクスに苦しめられているテバイ国の人たちをすぐれた知力によって、
怪物スフィンクスを倒し救うことに成功します。

エディプスは、英雄になることができ、テーベ国の王の未亡人イオカステと結婚することになります。
つまり、神様のお告げのままエディプスは行動してしまったことになります。

しかし、問題は、エディプスがその事実に気付かず運命に導かれてしまったことです。
逃げようと思っても、その道は逃げることができなかったのです。

ですから、父親を殺し母親と結婚した事実を知ってしまったエディプスは、相当自己嫌悪に陥ることになります。
エディプスは、自分自身に罰を与えるために、
両目をつぶし再び放浪の旅に出る決心をして、やがて悲惨な死へと到達してしまうことになります。

みなさんもひょっとしたら小さい頃にこんな残酷で悲惨な話しを聞いたことがあったかもしれないですよね。

しかし、実際にこのストーリーの経験は誰も子供の頃にしていると言います。
そして、この経験が様々な恋愛パターンの基本になっているというから侮ることはできない問題です。

本を読む子供

エディプスコンプレックスの恋愛パターン

なぜ、誰もがエディプスコンプレックスをひきずっているのかといえば、
私達は誰でも小さい頃、親には愛されたいと思い続けているものです。

男の子ならお母さんに、女の子ならお父さんを束縛して溺愛されたいと願っています。
つまり、子供たちは、最初の異性は親であり親が好きで好きでたまらない存在なのです。

実際に、子供さんの頃には大きくなったらボクはお母さんと結婚したいという発言を多く聞きます。

しかし、子供たちはお母さんを愛するために強敵が存在していることも知ることになります。
つまり、子供が自然体で親を愛したいと思っているものの、
子供さんがしているのはいま流行りのワードである不倫行為に過ぎなかったりします。

でも、子供さんはお母さんのことを愛している訳ですし、
そこで略奪愛のような邪道な精神も生まれて来てしまうことになります。

しかし、同時に子供はお父さんも好きでいたい気持ちも持っているものです。
お父さんには憎しみなんか抱くべきではないという思いも心の中にあります。

つまり、エディプスコンプレックスとは、

我々がこころの中でこのような葛藤をすることを言います。

どのようにして恋愛パターンが作られるか

そしてこのようなエディプスコンプレックスがどのような感じで恋愛パターンを決めて行くのかといえば、
エディプスコンプレックスの勝者があるとすれば、お父さんから略奪してしまった自分自身に対して、
お母さんはお父さんよりも愛してくれているという意識を持っている人たちの方が、罪の意識を抱えて成長して行くと言われています。
そして、いつかお父さんに取りもどされるんじゃないかという恐怖心もわいて来ると言います。

そして、お父さんにお母さんが取られてしまったという思いもあり、
このような場合、自分自身は愛される価値など存在していないんじゃないかという気持ちになると言います。

恋愛においても、いつか取られてしまうという思いで不安にかられることになります。

まとめ

このようなことから、恋愛には積極的ではなく相手との距離を置きたがる傾向が強いと言います。

そのような人たちのことをロマンチックという人たちもいるかもしれませんが、
そのような人たちは自分は愛される価値がないと思っている悲観主義者に過ぎないのかもしれません。

ランキングNo.1
PayCute(ペイキュート)をインストールしてみる

出会いはペイキュート-マッチングアプリ

出会いはペイキュート-マッチングアプリ

株式会社PayCute無料


\ランキングTOP8おすすめパパ活アプリの詳細・口コミはこちら/
ロゴをタップで見れます

【2021年最新】人気記事♪

総合人気ランキング1位は??パパ活アプリ内の画像はどんな感じ?それぞれのパパ活アプリのポイントは?等など...

-恋愛

Copyright© パパ活アプリの徹底比較ガイド , 2021 All Rights Reserved.